ウィット に 富む 意味。 ダージリン・プッタボン茶園byインド紅茶専門店・シルバーポット

humor(ユーモア)の意味は?ウイットとの違いや使い方も

ウィット に 富む 意味

「ウィット」とはカタカナ語のうちの1つです。 みなさんは、この「ウィット」という言葉がどういう意味を持つ言葉か知っていますか。 普段はなんとなく感覚でこの「ウィット」という言葉を使っているけど、実は意味はよく知らないという人もいるでしょう。 今回はこの「ウィット」という言葉について意味や由来、さらには使い方など、さまざまな角度からご紹介していきます。 「ウィット」の意味 「ウィット」は、その場に応じて機転が利くという意味です。 また、都会的で知的な発想を指して、「ウィット」と呼ぶこともあります。 つまり、会話では「普通のありふれた返事や返しなどをしないで、ユーモアを織り込む」ということで、相手がそれに対して思わず笑ってしまったりすることもよくあります。 この「ウィット」は持ってると得する才能で、これを持っているだけで人間関係が円滑に行くことも多いでしょう。 「ウィット」の由来 「ウィット」の由来は、16世紀から17世紀頃に活躍したイギリスの詩人ジョン・ダンから来ています。 または、900年前の古代ノルウェー語か、ギリシャ語と言われています。 当時の「ウィット」意味は、現在のように「機知に富んだ、ユーモアがある」ではなく、全くの別の意味でした。 時を経て18世紀になると「ウィット」は「ユーモアがあり機転がある」という意味として定着したそうです。 「ウィット」の使い方 「ウィットに富む」は、ユーモアがありながらも切り返しに長けているという意味になります。 ウィットに富んでいる人は、余裕がある人です。 物事の本質を捉えながらも、ユーモアを織り交ぜて発言します。 例えば、相手に酷いことを言われたとしましょう。 その場で怒りが爆発し、暴れてしまうほどの酷い言葉です。 ですが、ウィットに富んでいる人は、独自のユーモアを交えながらも相手の心にチクリと刺さるような言葉で切り返します。 2「ウィットを交える」 「ウィットを交える」は、真面目な内容の中にもユーモアを組み合わせて、場を和ませるという意味になります。 似たような意味の言葉では「ジョークを交える」があります。 ジョークを内容に組み合わせて和ませるという点では、「ウィットを交える」とほぼ同じ意味です。 これら2つの違いは、都会的なセンスがあるかどうかです。 ジョークは面白さのみですが、ウィットは面白さがありながらも、都会的なセンスがあります。 3「ウィット感がある」 「ウィット感がある」は、ユーモアと才能があり、かつオシャレという意味があります。 例えば、街中で見たことがない斬新なファッションに身を包んでいる人を指して、「あの人はウィット感がある」という使い方をします。 また、「ウィット感」は面白いデザインが施された物を指す時にも用いられる言葉です。 4「ウィットのある人」 「ウィットのある人」は、状況判断が得意で、機転の利く切り返しができる人のことを意味しています。 つまり「ウィットのある人」は、頭の回転がとても早いです。 相手になにか言われて、そしてそれに返答するまでのほんの数秒の間に何を言うのかを判断し、しかもユーモアも織り交ぜるのですから、並大抵のスキルではないと言えるでしょう。 5「ウィットを話に盛り込む」 「ウィットを話に盛り込む」とは、機知に富んだ話をするという意味になります。 普通の会話ではなく、会話の中にユーモアを盛り込むスタイルです。 みなさんの周りにも、「この人と喋ると笑いが絶えない」という人がいるのではないでしょうか。 また、ただ単に面白いことを言って笑わすだけではなく、時に冷たくあしらったりして笑いを誘ったりもします。 その冷たさが都会っぽかったりします。 6「ウィットがきいた」「ウィットのきいた」 「ウィットがきいた」「ウィットのきいた」は、その場の状況に応じて機転のきいた言葉や動作という意味になります。 先程紹介した「ウィットに富む」と、似たような意味を持っていると言えるでしょう。 「ウィットに富む」と「ウィット(が、の)きいた」の使い分けは、機転が盛り込まれているかどうかです。 「富む」は多くある、豊富に持っているという意味に対し、「きく」とは機能そのものを発揮するという意味があります。 「きいた」の漢字は「効いた」か「利いた」か 「効いた」でも「利いた」でも両方正解です。 ネット上では「ウィットの効いた」と使われていますが、間違いではありません。 ウィットの効果により周りを和ませることができれば、「効いた」で正解です。 「効いた」は効果や効能を意味します。 ただ「ウィットの利いた」でも正解です。 「利く」は、機能を発揮する・上手く事が進むを意味しています。 ウィットを話に盛り込むことで物事が上手く進んだのならば「利く」で正解です。 「ウィット」と「ユーモア」の違い 「ウィット」と「ユーモア」の違いは、温かさがあるかどうかです。 ユーモアの語源は「Human(人間)」から来ていると言われています。 面白さの中にも人間味が備わっています。 落ち込んでいて涙を流している人に、優しさと温かさを与えるのが、ユーモア本来の意味です。 「ウィット」は機転が効いてれば、皮肉っぽくても構いません。 一見似ているようですが微妙な違いがあるので注意が必要です。 こう考えれば話は一瞬で面白くなる! ウィットに富んだ話をしたい人におすすめです。 「いつも真面目に答えてしまう」「すぐ会話が終わる」といった悩みがある人は、ぜひ手にとってみてください。 勉強になる1冊です。 ここからは、「ウィットに富んだ」の類語や言い換え表現を見ていきましょう。 一体どんな言葉や表現があるのでしょうか。 言い換えのできる似たような表現を身につけて、言い回しとしてどんどん使用しましょう。 「面白味のある」 「面白味のある」とは、滑稽な魅力を持っているという意味です。 使い方としては、「面白みのある映像を撮りたい」や「面白味のあるところに人は集まる」のように使用します。 「機知に富んだ」 「機知に富んだ」とは、型にはまらない柔軟な返しが上手という意味です。 使い方としては、「機知に富んだ話は聞いていて飽きない」「機知に富んだユーモア溢れる話」のように使用します。 「ヒネリが利いた」 「ヒネリが利いた」とは、普通ではなく、面白さなどを一手間加えたという意味です。 使い方としては、「実にヒネリが利いた返答だった」「少しヒネリが利いた返しは、一種のエンターテイメントです」のように使用します。 「エスプリのある」 「エスプリのある」とは、ユーモアに溢れた、知的で面白いという意味です。 使い方としては、「エスプリのある返しをしたところで、伝わらなかったら意味がない」のように使用します。 「ウィット」にはその場に応じて機転が利くという意味があります。 ウィットのある会話ができるようになれば、人の輪は途切れることなく人生を豊かに過ごせるようになるでしょう。 また、「一緒に過ごすと楽しい人」と思われたり、良い御縁にも巡り会えるに違いありません。 今回ご紹介した内容を参考に、ウィットな感覚を常日頃から磨き上げ、ウィットのある人になりましょう。 カタカナ語を使いこなそう みなさんが普段使用しているカタカナ語の意味は本当に正しいでしょうか。 ビジネスの場面では、きちんと正しく使うのが大前提なので注意が必要です。 「ウィット」の他にも、世の中には数多くのカタカナ語があります。 普段あまり意識はしていないけど、いつの間にか使っているということも多々あるでしょう。 意味や使い方を今一度確認したい人は、ぜひ下のリンクからご覧下さい。

次の

「wit」とは?意味や使い方を英語を含めてご紹介

ウィット に 富む 意味

「ウィット」の意味とは? 「ウィット」の意味は機知・理解力のこと 「ウィット」の意味は機知や理解力のことを意味します。 とはいうものの「ウィット」は賢さや優秀さを直接的に示すのではなく、どちらとと言えば、「とんち」や「機転」と言ったニュアンスが強いとなります。 状況や相手に合わせて臨機応変に面白いアイデアが出る力、 また、思いも寄らないような鋭い知恵をとっさに考えつく才能を表しています。 たとえば、「1+1=2」という当たり前の答えではなく、「1+1=田」といった捻りのきく冴えた答えをさらっと言ってのけるような才知、また「さすが! 」「なるほど! 」と思わず言ってしまうよう知力が「ウィット」です。 また「機知にとんだ話」や「機知にとんだ人」を「ウィット」と呼ぶことがあります。 「ウィットに富む」はとんちと機転に溢れること 「ウィットに富む」とは、とんちや機転に溢れる、それらが花開いていることを意味します。 もともと「ウィット」には「機知に富んだ人」という意味があります。 たとえば「ウィットに富んだ人」とは「とんちの才能や理解力、知恵や知力などが備わっている人」を指します。 誰かに「あなたはウィットに富んでいる」と言われたら、それは「なかなか面白い答えだね」「頭が冴えてるね」と褒め言葉でもあるのです。 ウィットねじはJIS規格廃止後も業界で使用 ウィットねじとは山の部分の角度が55度のインチねじです。 これに対して山角度が60度のねじをユニファイねじと言います。 ウィットねじは英国のウィットウォースという人物が考え出したねじの一つで、1968にJIS規格は廃止されたものの、現在も業界で使用されているねじの一つとなります。 「ウィット」の使い方と例文 「ウィットに富んだ〇〇」はよく使う言い回し 「ウィット」はあらゆる環境において「ウィットに富む」という熟語表現で使われることが多い言葉です。 前述でご説明したように「ウィットに富んだ人」なら「機転が利いて味のある答えが出せる人」、ウィットに長けた人なら「とんちや知力が誰よりもある人」という意味で使われます。 もともと「富む」はたくさん持っている、豊富にあるという意味があり、「ウィットい富む」で「ウィット(機知や知力)がたくさんある」となります。 「ウィット」は斬新なアイデアを求めるときに使われる 「ウィット」が使われるシチュエーションはさまざまありますが、最もよく用いられるのが「斬新で一味違ったアイデアを求める時」です。 たとえば、プロジェクトやイベントの企画、新作商品のデザインなど、発想が愉快で独創性あるものを求める時に、「ウィットに富んだアイデア」「ウィットに溢れる企画」というように使うことがあります。 「ウィット」の軸となるものは、純粋な思い付きやひらめきで場合も多く、これらは一晩中考え込んでも浮かんでくるものではありません。 だからこそ、企画やデザインなどのフィールドでは「ウィット」が意味する「捻りのあるアイデア」や「色彩の異なる考え」を求めるのでしょう。 「ウィット」を使った例文• お隣さんは、ウィットに富んだデザインの家に住んでいる。 ウィットに長けたアイデアを求めるのは、市場で顧客を独占したいためだ。 彼の商品企画は機知に富んだウィット溢れるものがばかりだ。 我が社の社訓はウィットに富んだ内容が多い。 彼はIQが高いだけではなく、捻りの利いた話し口調で人気がある。 彼は知的ながらヒューマーのある人だ。 思ったよりヒューマーある映画だった。 まとめ 「ウィット」は英語の「wit」が語源で、「機知」「才能」「理解力」「機転の利く」「とんち」、また「機知に富んだ人」という意味で使われ、純粋に頭が良くて物知りであるというだけではなく、「捻りの利いたアイデアを持つ人」「状況に合わせt臨機応変に答えが出せる人」という意味で使われます。 言ってみれば、とんちで有名な一休さんのイメージが最もわかりやすいでしょう。 「ウィット」でよく使われる言い回しは「ウィットに富んだ〇〇」という熟語表現です。 斬新で驚きのある何かを追及しているシチュエーションで用いられることが多いので、ぜひ活用してみて下さい。

次の

ウィットに富むの意味とは?会話やジョークの例とユーモアとの違いも

ウィット に 富む 意味

ウィットの意味とは?ユーモアとの違いは? ユーモアの意味とは滑稽なものを会話の中で面白く紹介すること ユーモアの意味とは、滑稽なものを会話の中で面白く紹介することです。 ユーモアの効いた会話ができる人は常に周りから人気を集めている傾向にあります。 そんなユーモアに富む人がいつも心掛けているのは滑稽なものに注目してそれをどんな風に言ったら面白く聞こえるのか、ということです。 ユーモアのセンスは最初から身についているようなものではなく、経験を積むことで磨かれていくものです。 そのため、ユーモアに富む人になるためには、面白いことを言おうと努力を重ねることが大切です。 ウィットとは皮肉の効いたジョークのことを指す ウィットとは皮肉の効いたジョークのことを指します。 ウィットとユーモアはどちらも冗談のことを指しますが、その性質はそれぞれ違っています。 ユーモアは相手を快く笑わせる性質を持ちますが、ウィットは皮肉が効いたジョークなので、それを聞いた相手は思わず苦笑いをしてしまうような場面も少なくありません。 ウィットに富むジョークは相手のことを大いに笑わせることができます。 ただしその反面一歩間違えると相手を不快にしかねない要素も含んでいるので注意が必要です。 ウィットに富むジョークを言えるセンスはコミュニケーションにおいて大切 ウィットに富むジョークを言えるセンスは、コミュニケーションにおいて大切です。 これは特に大人のコミュニケーションにおいて大切なことです。 ウィットに富むジョークが言えて、皮肉の効いたジョークを楽しめることが、ビジネスのシーンにおいて大切になることがあります。 ちなみにウィットに富んだジョークが言えるだけではなく、コミュニケーションにおいて工夫すべきことはたくさんあります。 ウィットという言葉はジョークという単語と一緒に使われることが多い言葉です。 そのためまずはこの2つの言葉を組み合わせた例文から見ていきましょう。 彼のジョークは状況に応じた非常に大人びたもので、誰にでも真似できるものではない。 ジョークに彼の性格が滲み出ているように感じる。 「エッジの効いた」という言葉が意味するのは、相手に対して失礼に感じて怒りを買うのか、それとも大爆笑を誘うのか、そのギリギリのラインを攻めることを意味します。 ウィットという言葉にはそういう側面があります。 ウィットに富むと感じさせるのか、悪口やネガティブな皮肉なのか、それが相手にはっきり分かるようにする心構えもジョークには必要だ。 同じジョークも状況によってはウィットな要素を感じずにただただ人を不愉快にする場合がある。 ジョークにエッジを効かせ過ぎるのも考えものと言えるだろう。 ウィットという言葉は会話という単語ともよく組み合わせて使われます。 ウィットの要素は会話の中によく出てきます。 ちなみに下記の関連記事は会話がつまらない人の特徴を紹介しています。 反面教師として参考にするといいかもしれません。 ただ馬鹿笑いをする会話は卒業して、ジョークにも知性を感じさせるような会話をしたいものだ。 「結婚の最大の失敗は?」と聞かれると大抵の人が「性格の不一致」や「生活のすれ違い」や「相手の浮気」等の理由を挙げますが、ウィットなジョークで返す人の返答は一味も二味も違います。 「結婚の最大の失敗は、そもそも結婚しようと思ったことです」という風に答えてきたのです。 これを言ったら元も子もないかもしれませんが「結婚は人生の墓場」などとよく言います。 言い得て妙なのですが、結婚生活がうまくいっていないほど、このジョークに共感するものなのかもしれません。 それに対して様々な批判の声が飛び交いましたが、フランステレビ局の報道は一味違いました。 「ハッカーに狙われたとしても情報が漏れないから大臣が最高のセキュリティだ」と報道したのです。 もちろんこれは褒めているわけではないのですが、こんなウィットに富んだ報道をするフランスのテレビ局は本当にハイセンスです。 幼い女の子は道路に走る金色の車を指さして「どうしたらあの車に乗れるの?」と目を輝かせて姉に聞いています。 そのキラキラした車とは霊柩車のことなので普通なら「誰かが死んだらあの車に乗るのよ」という回答になるでしょう。 しかしこの姉はとてもエッジの効いた回答をするのです。 「あなたもそのうち絶対に乗れるのよ。 みんな順番に乗れるんだから楽しみに待ってなさい」と、ニヤリとしながら答えました。 この姉はどんな大人に育つかと考えると末恐ろしいものがありますよね。 軍隊を辞めようとしている人が友達に愚痴をこぼします。 「訓練がきつくて危ない仕事なの給料が全然上がらないんだ。 もうやってられないよ」と言うと、友人は「お前みたいな奴が増えたらこの国もいよいよ危ないよな」と皮肉を言います。 しかしこの軍人はウィットに富むジョークで切り返すのです。 「軍人がみんな俺みたいなモチベーションだったら世の中は平和になるはずだよ」と。 たしかに戦争をして戦う軍人がいなくなれば世界中が平和になりそうですよね!どの国も防衛のおいて兵器を放棄しないから、難しいということを実感するジョークです。 その人は今までに勝ったことがない、勝率の悪い騎手が乗った馬から馬券を買って万馬券を当てました。 そんな事情もあり周りから「何であの騎手から買えたの?今まで勝ったことがない下手くそな騎手なのに」と言われます。 しかし万馬券を当てた人ははっきりとこう答えたのです。 「だって競馬で走ってるのは馬で人じゃないでしょ?」と、他の人とは違う観点で馬券を買っていたのです。 確かに走るのは馬ですが、悪い騎手には弱い馬が集まるものであり、そういう観点でも中々勝つことができないのが実情なのです。 借金という言葉に私たちはネガティブなイメージを持ちがちですが、それを笑い飛ばすのもウィットに富んだジョークの力なのです。 多額の借金を負ってしまった友人がさぞかし大変だろうと慰めようと声をかけるとこんな返事が返ってきたのです。 「日本では今、国民1人あたりが約800万円の借金をしているわけだけど、それがちょっと増えただけだから何てことはないよ」という返事が返ってきたのです。 小さな子供はサンタさんを信じてやまないものですが、年を重ねたあるタイミングでサンタさんの正体に気付いてしまう時がきます。 これはそんなエピソードにまつわるウィットに富んだジョークの話です。 クリスマスの日にお父さんがこっそり子供の部屋に忍び込んでプレゼントを靴下に入れます。 しかし靴下の中に手紙が入っているのです。 お父さんサンタはその手紙を見ると子供からのお礼のメッセージが書いてありました。 「サンタさんのお仕事毎年ご苦労様です。 でもお母さんとの時間も大切にしてください。 寂しがってますよ」 決してお父さん宛に書いているのではなくサンタさん宛に書いているところがお父さんも笑っていいのか泣いていいのか複雑なところです。 これは笑えるジョークとは言わないかもしれませんが心温まるウィットなジョークです。 子供は大人が考えているよりも、大人たちのことを見ていてあっという間に成長していくものなのです。 ウィットに富むジョークが言えるとコミュニケーションの幅が広がる! ウィットに富むジョークは、状況の分析が冷静に出来ているとどんな場面でも思いつきやすいものです。 そしてウィットに富むジョークが言えるようになると、ユーモアの効いた会話になっていくことでしょう。 そんな会話が常にできるようなコミュニケーションが出来るようになるといいですよね!.

次の