ウォーター マーク と は。 「2020年最新版」動画のウォーターマークを消す方法ベスト4

Filmora9は無料で使えない!ウォーターマークが消えないからYouTubeに投稿できないって知ってた?

ウォーター マーク と は

ようこそ!「どらみあん」の庵主、どらみこと、柴垣節子です。 音楽のレッスンに英語を取り入れ、英会話レッスンに音楽要素を入れるのが好きで得意です。 特に発音やリズム、イントネーションなど英語の「音」部分を楽しく教える、多足わらじコーチです。 大病して以来、毎朝、命あることに感謝。 一日を大切に、心こめて全力で生きる!がモットーになりました。 年齢を重ね、いろいろ乗り越えて、人生経験値は かなり高くなっています。 老後という言葉も、不安も吹き飛ばして笑顔で生きたい。 年齢や持病をいいわけにせず、新しいことにもチャレンジしていきます! 音楽英語のほかにも、花、写真など、ほっとしたり、人生を豊かにするお手伝いができたら、この上なく幸せです。 Contents• プロの写真には、どこか片隅に さりげなく サインらしきものが入っているのをずいぶん前から見ていたような・・。 📷最近は携帯、スマホ、デジカメ、ミラーレス、一眼レフ・・ 私のようなアマチュア組も含め、写真撮影のハードルは ぐぃぃーんと下がり、インスタ(インスタグラム)のブームなども続いて、 ネット上へ写真をカンタンにアップする方法もいろいろ! 写真は、老若男女とわず本当に身近になりました。 一人のアマチュアといえど・・・カメラを持って歩き回り、ちょっとお気に入りの写真が撮れたりすると、こうしてブログやSNSなどに アップしてみたくなったりしますよね。 でも勝手に持っていかれちゃうのは困るな~! 📷その一方、自分のお気に入り写真が、たとえば スマホ画面で 長押しすれば、誰でもその中に取りこめてしまうという時代でもあります。 プロカメラマンの方でさえ、ご自分が撮影した写真が、無断で別なサイトや広告ポスター!? に使われているのを発見! という 困ったことも あちこちで起きているようです。 📷プロカメラマンさんたち、お仕事用の写真が 無断で勝手に 使われてしまったら・・・大変ですよね! 私は 写真で仕事しているわけではないけれど、やはり 自分が撮った お気に入り写真が どこかで勝手に使われたら それはイヤだな~と思います。 (ブログに来てくださると、最初に目に入ってくる、ずらっと並んだ記事ごとに違う写真。 不透明度=100%が 一番くっきり。 これは背景が濃い色で白が目立つので 65%くらいまで下げて、ちょっぴり透け感を出しています。 ) 注: 現在(2019年)、昨年PCを入れ替えたため、古いディスク版のフォトショップは使えなくなりました。 今、このPCに入っているのは何年か前の一番格安バージョン。 もうサポートも終了しているようです。 📷 今のフォトショップ(Adobe製)は 月額980円を支払って Light Room という これまたプロもご愛用のソフトと2種類同時に使える ダウンロード版(フォトショップ クラウド PCC)が主流になっていますね~! 無料体験版(7日間のみ)もあり、気に入ったら お支払して 有料版に移行できるそうです。 ご興味ある方は、ADOBEの このサイト、ご覧になってみて 判断してくださいね。 PCで 自分好みのウォーターマークを入れる方法、それも無料ソフトを 探し始めました。 評判(口コミなど)がよくても、自分が快適に使えないとね~! 最初のものは、英語の解説を読みながら・・でした。 ws」をダウンロードして 使ってみました。 その結果わかったこと。 ・ ダウンロードして そんなに時間かからずに完成します。 ・無料版は、一枚ずつ ウォーターマークを入れる作業。 有料版は複数枚を一気に作業可能です。 (2019. 23 追記) 📷 2019. ws からダウンロード時に使ったアドレス宛に メールが届きました。 私が このソフトを 試して以来、全く使っていなかったためのようですが・・・ Watermark. でも、忘れた頃に このメール。 うーん、やっぱり私はこれは使わないと思います。 (以上) 📷 わりとカッコいいけれど、フォント選びの制限など少々がっかり。 ちょっとクネクネしたフォントを使ってみました。 でも直感的に作業できるので 難しくはないですね。 おススメ、という方が多い理由、なんとなくわかります。 ・フォント選び、色の制限などもなく無料。 準備ができたら、一気に複数枚の作業ができます。 ・写真が入っているファイル丸ごとでも作業可能。 XnConvert を使った作例。 結構面白いフォントもあります。 (くまモン目印〜!) 📷 4.その後、PC内の 「ダウンロード」の中に、今、開いたばかりの photoscapeファイルが入っていることを確認して クリック。 📷 6.photoscapeのセットアップを開始するには、右下の 「インストール」をクリック。 📷 9.完了をクリックすると、photoscapeが使える 最初の画面が出てきます。 (2019年11月22日 現在)左半分は ほぼ無地に近くなりましたが、使う機能は右側、円形に並んでいます。 📷 10.上の画面、右側を拡大したところ。 今日のお題「写真にウォーターマークを入れる」には、 くまモンがいる 「一括編集」のアイコンをクリックしてくださいね。 📷 11. 「一括編集」をクリックすると、左側に自分の写真が入っているフォルダーが ずらりと出てきます。 ここに表示されていない、たとえば PCの Dドライブの中に写真を入れている場合などは、少しスクロールして、希望の写真が取り出せるように準備します。 1枚だけでももちろんOK. フォルダーの写真全部丸ごと・・も できるようですが、写真サイズを 最初に 小さく「リサイズ」しておくことをおすすめします。 (注:以前 ご紹介して、私自身も愛用していた、無料リサイズソフト、「リサイズ 超カンタン!PRO」が、2019年3月あたりから 以前のような使い方ができなくなりました。 「リサイズ」も、ウォーターマークを入れる前に、この photoscape の「画像編集」で簡単にできることがわかり、これを愛用しています。 ここから別作業に移動します。 📷 14.候補写真の選択が終わったら、いよいよ 写真に入れる ウォーターマーク そのもの、を作ります。 このphotoscapeでは、photo 画像)として4つ、テキスト 4つを登録して 使い分けることができます。 オリジナルロゴ、画像のような ウォーターマーク入れたい場合は、別に「絵」として作成し、背景が透過(透けてみえる)にできる、「PING」ファイルとして 保存しておき それを「photo 画像)」1〜4に 入れて使います。 ここでは、photoscape内で使える フォント(字体)で、単純にテキスト(私は自分の名前)を入れてみることにしますね。 📷 15.テキスト(文字)を 初めて使う時は、まず 「テキスト1」にチェックを入れます。 そして、 すぐ右側にある、マウスのような、何だか???のマークをクリックします。 写真の左上(くまモンがいるところ)、 「Text」と入っているところに、Textの4文字を削除して、 自分がウォーターマークに使いたい テキスト(文字)を打ち込みます。 私は、Setsuko Shibagaki と 入れることにします。 好みのフォントを選んでみましょう。 入力したテキストが、選んだフォントで 右側の写真にすぐ表示されますよ。 その左側の数字の窓は、フォントサイズ。 📷 19.一回クリックすると まず左側のマス目部分、基本色のみ表示され・・・基本色を出した後(この写真には出ていませんが) [more colors]という部分を、もう一度クリックすると、さらに細かく色指定できる画面も並んで表示されます。 カーソルで自由に選び、 色が決まったら「OK」をクリック。 これでフォント色が決定! 私は 無難に? 「白」を選びました。 📷 20. 今度は 写真の「どこに」 ウォーターマークを表示させるか、ざっくりと場所を指定します。 真剣に写真盗用を防ぐなら、ウォーターマークを切り取りにくい、中央付近がよいといわれていま すが(端っこをトリミングしてウォーターマーク無しの写真にしてしまう、よろしくない例もあるそうです)、写真自体が見づらくなるのも事実。 どこに配置するかは ご自身の判断で。 一括変換作業すると、全ての写真、同じ場所にウォーターマークが入るので、個別に変えたい場合は、少し手間でも、一枚、または 同じ場所に・・という 数枚単位で作業すればよいと思います。 📷 21.ウォーターマークを入れる大まかな場所を決めたら、今度は微調整・・ですが、これは くまモンがいる X軸(横方向)、Y軸(縦方向)を 数字で指定します。 写真と フォントサイズなどによって ウォーターマーク、はみ出してしまうこともあるので、これは、とにかく X軸 -45、 Y軸 -30 くらいに数字を入れてみて、右側の写真、実際にどのくらいの位置に出てくるか 確認してから、数字を変えて 位置がどうなるか ご自分で試してみるのが一番と思います。 📷 22. 試しに・・位置や X軸、Y軸の数字をゼロにしたまま、右側の写真を見ると・・・選んだフォントで、枠の中に 打ち込んだ 私自身の名前が入っています。 ど真ん中で まだかなり大きいですよね。 写真右側に スクロールして 見えていない部分を見せる機能もありますので ご心配なく。 フォントと 「不透明」の間にある Aの文字は、左から 「太くする」「イタリック(斜めに傾いた字体)、「アンダーライン」(下線をつける)など、お好みで。 とにかく 初めてのことは やってみて 好みじゃなかったらもとに戻す、、トライ&エラーで参りましょう! 📷 24.フォント(字体)大体の文字サイズ、不透明度、ウォーターマークを入れる位置・・・これらを決めて、サンプル写真(作業スペースの1枚)で これでいいかな、ということになったら・・画面右上、くまモンがいる「すべて変換」をクリック。 すると最初に選択しておいた 写真ファイル、一度に数枚でも数十枚でも 同じ位置に同じウォーターマークが入ります。 あっという間に数十枚 ウォーターマークが入りました。 ちょっと感動! この後、 「OK」をクリックしてくださいね。 次の画面に移動します。 📷 26. OKをクリックすると、すべて 同時に変換(ウォーターマークの入った)写真を どの名前で保存しますか? という画面に移動します。 📷 27.この保存画面の下の方は、 「オリジナルの形式」(そのまま)、JPEG品質(保存品質)は 青いスライダー、一番右端、 高品質「100」にしておくことをおすすめ。 📷28.保存の形式を決めたら、画面 右上(またくまモンですよ~!)の 「保存」を クリック! 📷 29 . そうすると・・・最初に写真を取り出したファイルの中(複数ファイルから取り出すと、デスクトップなどファイルの外)、隣に 「OUTPUT」という 新しいファイルができています。 このファイルに 「日付」で管理できる 「ウォーターマーク入り」に変換された写真が保存されています。 ウォーターマーク入り写真を使いたい時は このファイルを開けばOK! 一からやり直したい時は 特に保存する必要なしです。 まとめ 📷 自分の撮った写真を 勝手に使われないように(その可能性を低くするために)、写真に ウォーターマークと呼ばれる 少し透明感のあるサイン、ロゴを入れる 無料ソフトを 実際に3つ試し、私には 一番使い勝手がよい、と感じた 「photoscape」 のダウンロードから 最後、変換した画像ファイルの保存まで、こまごま 長々と解説してみました。 その後の使い方まで説明してくださっているサイトにも出会いました。 プラグインはとても便利ですが、たくさん入れ過ぎると、サイトの動作が重たくなりがち・・とも聞いていたので、今回は PCで使える 無料ソフトにこだわって 探してみました。 まだまだたくさんあるようですが、自分がこれはいいな、と思うものを見つけて 使いこなせると嬉しいですね。 📷 PhotoScapeで 写真をリサイズ(写真のサイズを変える)方法、こちらに解説してみました。 いろいろ使える無料ソフトです。 帰国後、音楽(教育・演奏)、英会話講師として 20年以上仕事をしてきました。 ほぉ~ こんなこともあるのね? また経験値が上がる!って とらえたい。

次の

ウォーターマーク

ウォーター マーク と は

ウォーターマーク(透かし)を入れるメリット 写真にウォーターマーク(透かし)を入れるメリットは主に以下の2つだと思います。 権利の明示(=パクリ予防)• ウォーターマークを載せることで「自分の著作物である」ことを明示することができます。 これは 他人から勝手に画像をパクられることを予防する意味でも大きな効果があるでしょう。 特に写真が商材である写真家(フォトグラファー)の方にとってパクリは重大な問題であるためよくウォーターマークを使っている印象があります。 またウォーターマークにロゴや名前を入れることによって、ブランディングの効果も期待できます。 例えば、素晴らしい写真に名前のウォーターマークが入っていたら、「〇〇って人がこんな素晴らしい写真を撮っているんだ」と思うでしょう。 メディアのロゴも同様に 作者の存在をアピールすることができます。 同じウォーターマークが入った写真を何枚も見ていけば、自然とそのウォーターマーク(ロゴ)に親近感を持ってくれる可能性もあります。 ウォーターマークには『著作権の明示』と『ブランディング』という2つの大きな役割を持っていると言えるでしょう。 画像をよく使うなら『Lightroom(ライトルーム)』がオススメ! 例えばブログで写真をよく投稿する場合などのように、頻繁にウォーターマークを入れる機会があるなら、毎回画像編集して写真1つ1つにウォーターマークを入れるのは大変な作業になります。 そこで『 』というソフトを使って、一度ウォーターマークの設定を済ませれば、以降簡単にウォーターマークの入った写真を生成することができます。 ライトルームは一度設定を済ませば、ウォーターマークが入った画像を生成できる Lightroom(ライトルーム)とは、写真の管理・編集をするための専用アプリケーションです。 ライトルームでウォーターマークを入れるメリットは…• 一度に複数の画像を生成できる• 何種類ものパターンを登録できる• その他、写真編集のあらゆる機能がある 何よりライトルームを一押しする理由は、ウォーターマークの設定以外にも写真の編集におけるあらゆる機能が使える写真アプリだからです。 たくさんの写真を管理できたり、明るさや色味などの編集ができたり。 Lightroomでロゴの透かしを入れる方法 まずはウォーターマークに使う素材を用意します。 ロゴを使う場合は画像データが必要ですが、ただテキスト(文字)を入れるだけで良い場合は素材を用意する必要はありません。 ちなみにこの素材は『テキスト』ではなく『画像』です。 文字が書いてありますがデータは画像ということです。 続いて『Adobe Lightroom classic CC(正式名称)』のアプリを起動します。 ウォーターマークに登録する画像データがある場合はグラフィック。 無い場合はテキストを選択します。 1で実際に写真にウォーターマークを入れたプレビューが見れます。 また文字をつまんでサイズを調節できます。 3ではテキストオプションを設定します。 カラーやフォント(文字形式)など設定します。 すると写真左下に表示されます。 2の『透かしの効果』からサイズや不透明度を調節します。 設定が決まったら『保存』して透かし(ウォーターマーク)の設定完了です。 この設定が一度終わったら、あとは今後ライトルームに写真を読み込んで、書き出すだけで手軽にウォーターマークを入れることができます。 では実際に写真にウォーターマークを入れてみましょう。 写真にウォーターマークを入れる 写真にウォーターマークを入れます。 しかも、ライトルームは写真編集のための専用ソフトなので、ウォーターマークを入れるだけでなく明るさや色味、サイズなど、写真に関する様々な調整を行うことができます。 ライトルームを使えば、一歩進んだ写真を作ることができます。 ウォーターマークに使う画像を作った方法 ウォーターマークを入れるとっておきの方法はお伝えしましたが、画像の作り方も載せておきます。 そもそもロゴなどのデザインデータを持っていれば、ライトルームに登録するだけでできますが、そうでない場合は外注するか自分で作るしかありません。 僕は画像編集ツールを使ってシンプルに、だけどオリジナリティが感じられるようなロゴを自分で作ってウォーターマークにしています。 この時に意識したことなども解説してみます。 まず、画像編集ツールはプロデザイナーも御用達の『Photoshop(フォトショップ)』を使いました。 あとで解説しますが、ライトルームとフォトショップは同じAdobe(アドビ)という企業のツールであり、2つがコンボになったプランが最安値で使えるのでオススメです。 このプランに加入しておけば、画像編集・写真編集で困ることがないどころか、スキルを磨けば本格的な作品を作ることが可能です。 テキストを入れただけでロゴっぽくないので、僕はフォントでオリジナリティーが出るように意識しました。 ドロップシャドウ(影)をつけたのは「ウォーターマークが背景と同化することを防ぐため」です。 背景が白かったらウォーターマークと同化して見えなくなってしまいます。 なのでちょっと影を加えています。 ウォーターマークのサイズ感、色の濃さ、フォントの太さなど、細かいかもしれませんが『目立ち過ぎず、オリジナリティー』を出すバランスを目指しました。 本来は著作権の明示が主な役割かもしれませんが、ウォーターマーク入ってるだけでなんかかっこいいし、ブログのブランディングにも使えると思ったので、ほどほどにオリジナル感出しました。 余裕があればロゴが作れると、なおオリジナリティーが増します。 ほとんどのブログの写真に載っているウォーターマークは文字です。 アドビのフォトプランならライトルームがすごく手頃に使える! これまで無料の画像編集ツールを使ってきましたが、結局機能が物足りなくてアドビのツールを使うようになりました。 ぼかしが入れられない。 一眼カメラで撮った写真が重くて一括で見ることができない、などなど。 こうしてブログやSNSで写真などの画像を頻繁に扱うようになって、編集の機能も無料のものでは物足りなくなりました。 おしゃれなデザインテンプレートが豊富な無料ツールもありますが、結局みんなが使うのでカブります。 今回紹介した『Lightroom(ライトルーム)』はプロのカメラマンなどが使う画像補正、管理ソフトで、ウォーターマークの入れる以外にも、画像を一括で読み込んで閲覧できて管理がしやすく、また写真の色調補正などのレタッチもできます。 アドビ社の「フォトプラン」はライトルームと高機能画像編集ソフトのフォトショップの2つが使えて月額980円から利用することができるます。 少しでも画像編集する方であれば、プロが利用するツールが使えるフォトプランが強力な武器になるでしょう。

次の

写真にウォーターマーク、PC無料はどれがいい?

ウォーター マーク と は

動画を編集する前に集めた素材とか、無料の動画編集ソフトで編集された動画とかの中でよくウォーターマークが付いています。 このような動画をどう見ても不快感がありますよね。 実は 動画のウォーターマークを消すことができるソフトを利用すれば簡単にできます。 これから紹介いたします。 動画のロゴを消すソフト ApowerEdit ApowerEditは高度な編集機能を持っている、操作がとても簡単な動画編集ソフトです。 インタフェースは非常に分かりやすくて初心者におすすめします。 、トリミング、テキストや音楽の追加などの基本的な操作はもちろん、様々な切り替え効果やオーバーレイ、フィルタ、アニメーション化されたタイトルを自由に適用できます。 ApowerEditを利用して動画のウォーターマークを除去する方法• 下の「ダウンロード」をクリックしてソフトをダウンロードします。 その後ウィザードに従ってインストールします。 「モザイク」をクリックしてポップアップしたパネルで「追加」をクリックして、モザイクでウォーターマークをカバーします。 パーセントのスライドバーをドラッグしてモザイクの強さを調整することができます。 或いは「クロップ」をクリックして、ウォーターマークがある範囲をカットします。 これで完成です。 「出力」>「ビデオを出力」をクリックして、出力先などを設定してから「出力」をクリックして保存します。 透かし消去ソフト 透かし消去ソフトは画像と動画の透かしを除去するための、とても使いやすいソフトであり、PC版と両方があります。 透かしだけではなく、動画や画像のいらない部分を隠すことも可能です。 動画編集スキルを持っていなくても、ただ3ステップだけで手軽に完成できます。 以下のボタンをクリックしてソフトをダウンロード&インストールします。 ソフトを立ち上げて、「動画の透かし」を選びます。 「ファイル」>「動画を選択」の順でクリックして、動画を書き込みます。 右側のプレビューウィンドウで、マウスでロゴの部分を囲みます。 下部の「出力先」の右にある「インポート先」、または「カスタマイズ」を選択して、出力先を指定できます。 終わったら「変換」ボタンをクリックして完成です。 Video Logo Remover は動画のロゴを消すために開発されたソフトです。 動画の中の字幕やロゴマークなどを簡単に消すことができます。 複雑な設定はなく、ロゴを選ぶだけで完成です。 AVI、MPG、MPEG、WMV、M4V、3GP、RM、FLVなどのフォーマットに対応しています。 日本語化ファイルが既に公開され、日本語化することが可能です。 動画に透かしを除去するには、まず「Load Video File」をクリックして動画を追加します。 左下の「Set Logo Area」をクリックしてウォーターマークの範囲を選定してから、右下の「OK」をクリックします。 最後に「Remove Logo」をクリックして出力先を選んで保存します。 ムービーフィックス ムービーフィックスは動画編集ソフトであり、基本的な編集機能を除いて、音ズレ補正、ロゴやいらない部分を消すことなどの操作ができます。 MP4やWMV、AVIやMPEGなど、様々なファイル形式を相互変換することも可能です。 「ファイル追加」をクリックして動画を追加します。 「LOGO削除」ボタンをクリックして作業画面が表示されます。 削除したい部分をドラッグして選定し、効果の強度を選んだ後で「LOGO削除」をクリックしたら完成です。 まとめ ダウンロードされた動画の透かしを消したいなら、Video Logo Removerやムービーフィックスを利用してください。 自分で編集した動画の中にロゴを残したくなければ、ApowerEditのような機能が強い動画編集ソフトをおすすめします。

次の