ドラクエ11 ドゥルダ 試練 攻略。 ドラクエ11攻略

【ドラクエ11】ドゥルダの大修練場「第四の試練」攻略方法【ドラクエ11S】

ドラクエ11 ドゥルダ 試練 攻略

裏の試練の攻略準備 痛恨の一撃やミス、相手の行動という若干の運要素によってクリアが左右されてしまうので事前にセーブをしておき、アイテムやゾーンを常に万全の状態でやり直せるようにしておきましょう。 上記の要素によって大きく体勢が崩れてしまった場合は、その回は諦めてリセットするのも有効です。 用意しておきたい装備・アイテム 妖魔のバニースーツ マルティナの魅力を大幅に高め「ピンクタイフーン」の威力を高めつつ回復の手間を省けます。 「」撃破報酬として入手できます。 せかいじゅのしずく セーニャのMPが切れた際にも全体を回復できます。 ソルティコの町でカジノ景品として入手できます。 エルフののみぐすり ベロニカのMPを回復し、「マダンテ」を最高火力で打ち直せます。 グロッタの町でカジノ景品として入手できます。 ゾーン状態にしておきたいキャラクター ロウ 連携技の 「ユグノアの子守歌」を使用する事により、回復の手間や全滅の可能性を抑えて手数を短縮する事が出来ます。 必須ではありませんが、安定度を高める為にぜひしておきましょう。 ベロニカ 連携技の 「クロスマダンテ」によって一気に大ダメージを取り、大幅な手数の短縮が見込めます。 セーニャ ベロニカと同じく連携技の 「クロスマダンテ」による大幅な手数の短縮が見込めます。 攻略手順• カミュが「ぶんしん」を使用し、シルビアが「バイキルト」でカミュの火力を上昇させます。 グレイグは厄介な行動が多い「はめつの使者」に対して単体攻撃を仕掛けて倒しましょう。 「バイキルト」を受けた状態のカミュで「デュアルカッター」を仕掛けていきます。 グレイグは前ターンと同様に単体火力を出し、 シルビアは状況の応じて回復、「極龍打ち」でのバフ解除、火力など柔軟に対応していきましょう。 分身状態カミュの「デュアルカッター」2回で「トロルボンバー」も倒す事が出来るので、その後は単体火力で「ギガデーモン」を削って倒しましょう。 2戦目 使用キャラクター:マルティナ 主な流れ:「ばくれつきゃく」で「メガモリーヌ超」を削りつつ、「メガモリーヌ極」が呼び出されたら「ピンクタイフーン」で全体火力を出し敵を倒す。 攻略手順• 「メガモリーヌ極」が呼び出されるまで「ばくれつきゃく」を「メガモリーヌ超」に使用します。 「メガモリーヌ極」が呼び出されたら「ピンクタイフーン」で敵全体を削っていきます。 敵が残り1体になったら再び「ばくれつきゃく」で単体火力を出します。 3戦目 使用キャラクター:主人公・ロウ 主な流れ:主人公は「ギガブレイク」ロウは「マヒャデドス」で全体を削っていき、HPが低下してきたら「ベホマズン」や「ベホマラー」を使用する。 攻略手順• 最初に連携技である「ユグノアの子守歌」を使用し、複数の相手の動きを止めると立ち回りが非常に楽になり、手数の大幅な短縮に繋がります。 主人公は「ギガブレイク」ロウは「マヒャデドス」を使用して敵全体を削っていきます。 HPの低下や、「シーゴーレム」の「におうだち」に合わせて回復を行います。 回復量が多い分、「ベホマズン」の方が優秀です。 敵の数が減ってきたら、ある程度のHP低下は無視しつつ攻撃を仕掛けて手数を短縮して敵を倒します。 4戦目 使用キャラクター:ベロニカ・セーニャ 主な流れ:ベロニカの「イオグランデ」で削りつつ、セーニャは「スクルト」で防御態勢を整える。 ニマが魔導士のように構えてからは「マダンテ」または連携技の「クロスマダンテ」を使用して奥義の構えへと移行させ、更に「マダンテ」を連続で使用して敵を倒す。 攻略手順• ベロニカは「イオグランデ」セーニャは「スクルト」を使用し、削りと奥義への備えを進めます。 ニマが「魔導士のように構える」を使用すると呪文耐性が上がってしまうので、 「クロスマダンテ」で一気に削り、奥義形態へと移行させます。 HPを合計約5000程削ると奥義形態になります。 セーニャは「エルフののみぐすり」をベロニカに使用して「マダンテ」を使用可能にし、「せかいじゅのしずく」による回復係も務めていきます。 ベロニカは「マダンテ」を使用して全体に火力を出していきましょう。 ニマの奥義を耐えつつ、「マダンテ」を連発してニマを倒しましょう。

次の

【ドラクエ11】ドゥルダの大修練場「第四の試練」攻略方法【ドラクエ11S】

ドラクエ11 ドゥルダ 試練 攻略

ドゥルダの試練 連武討魔行 目次• ドゥルダの試練 連武討魔行 とは• ドゥルダの里の大修練場で受けられるようになります。 敵を短いターンで倒すと報酬がもらえます。 1つの試練が何戦かの連戦で構成されており、1人1戦までしか出られません。 一の試練攻略 参加人数 敵 第1戦 1人 ドラゴン:HP800程度 第2戦 2人 いっかくうさぎ:HP1000程度 スライム:HP800程度 フロッガー:HP1000程度 おおがらす:HP1000程度 ポイント 初回訪問時でもLv40程度あれば、勝つだけは勝てるでしょう。 1戦目はLv37でベホイムを覚えたグレイグなど。 2戦目は全体攻撃を持つキャラで行くと手数が少なく済みます。 8手でクリアするにはクリア後の強化されたフルメンバーで行くのがお勧め。 一の試練の報酬 クリア条件 報酬 報酬の説明 初回クリア カイザーアックス 16手以内 両手杖 12手以内 鍛冶素材 8手以内 ベロニカ、セーニャ、ロウの鎧 二の試練攻略 参加人数 敵 第1戦 1人 ドンガラドン2匹:HP300以下 タップデビル:HP500以下 パペットマン:HP650以下 グリーンモッキー:HP500程度 第2戦 1人 メイジももんじゃ:HP300以下 りゅうはかせ:HP600以下 アークマージ:HP500程度 第3戦 2人 とらおとこ:HP500程度 あらくれパンダ:HP1000程度 ラッコアーミー:HP500程度 ポイント 二の試練も、Lv40程度あれば勝つだけなら何とか勝つこともできます。 10手でクリアするための推奨レベルは60程度。 敵の数が多い1戦目は、範囲攻撃一発でできるだけ多くの敵を倒しましょう。 二の試練の報酬 クリア条件 報酬 報酬の説明 初回クリア せいれいの盾 20手以内 マルティナ、ロウの鎧 15手以内 らいていの杖 10手以内 カミュ、シルビアの鎧 三の試練攻略 参加人数 敵 第1戦 1人 セイレーンゴースト:HP700程度 ブチュチュンパ:HP700程度 ブラッドレディ:HP700程度 第2戦 1人 キラーポッド:HP700程度 キラーマシン:HP700程度 キラーマシン2:HP1000程度 第3戦 2人 ランタンこぞう:HP1000以下 クリオネオン:HP800以下 じごくのおくりび:HP1000以下 カーニバライト:HP1000以下 第4戦 2人 ファントムシャドウ:HP800程度 ヘルガイオン:HP1000以上 ファントムシャドウ:HP800程度 ポイント 3戦目はマヒャデドスが弱点になっています。 最後の敵は暗黒の霧を使ってくるので、ベロニカなどの強力な全体攻撃で早めに倒したい所。 3戦目は呪文が効きにくくマホカンタもあるので注意。 筆者の20ターン成功例は下記の通りです。 まずはHPの高い敵を倒してから、最後に残りを倒すと良いでしょう。 お供はHPがそんなに高くないので範囲攻撃で倒せますが、2戦目では敵がマジックバリアとスクルトを使ってくるので倒しにくいです。 4戦目は予めゾーンにしたベロニカとセーニャの連携「クロスマダンテ」で倒してしまうとして、2戦目に強力な火力キャラを入れておくと良いです。 参考までに筆者は1戦目=マルティナ+ロウ、2戦目主人公+シルビア、3戦目グレイグ+カミュ、4戦目ベロニカ+セーニャで倒しました。 最終試練の報酬 クリア条件 報酬 報酬の説明 初回クリア エンパイアブレード、オリハルコンのツメ 40手以内 アポロンのかんむり、ゼウスのマント 35手以内 最強のスティック 30手以内 最強の両手剣 裏の試練 スイッチ版の追加ボス攻略 スイッチ版では、全ての試練をクリアした後に裏の試練があります。 参加人数 敵 第1戦 3人 ギガデーモン、はめつの死者、トロルボンバー 第2戦 1人 メガモリーヌ・超 第3戦 2人 シーゴーレム、うずしおキング2匹、キラーアンブレラ2匹 第4戦 2人 ニマ大師 ポイント 1戦目は痛恨が多いのでグレイグで対応。 3戦目は風属性の攻撃が多いのでカミュで対応。 筆者は下記の構成でクリアしましたが、撃破後のメンバーでもちょうど50手かかりました。 もっと良い構成がありそうです。

次の

【ドラクエ11】『最終試練』攻略とおすすめキャラ|ドゥルダの大修練場【ドラクエ11S】|ゲームエイト

ドラクエ11 ドゥルダ 試練 攻略

スイッチ版の追加情報 裏の試練が追加 スイッチ版から「ドゥルダの大修練場」に新たに「裏の試練」が追加されました。 「裏の試練」は「最終試練」よりも高難易度となっている、 正真正銘最高難易度の「ドゥルダの試練」です。 クリアすることで超〜タネ系アイテムがもらえる 「裏の試練」をクリアすることでもらえる報酬は「超〜タネ」系のアイテムです。 それぞれ対象となっているステータスが20上昇するという強力なタネで、 「裏の試練」を攻略することでしか手に入らない貴重なアイテムとなっています。 ドゥルダの大修練場の効率的なクリア方法 全キャラのレベルを70付近まで上げる 「ドゥルダの大修練場」は、レベルをしっかり上げてから挑みましょう。 目安としては、 「ベロニカ」が「マダンテ」を覚えるLv70に上がる程度まで上げると、参の試練までは簡単に必要手順クリアできます。 そして、四の試練・五の試練の必要手順クリアを目指すのであれば、手っ取り早く全員のレベルを99まで上げると良いでしょう。 全キャラゾーン状態にしておこう ドゥルダの大修練場は、あらかじめ「ゾーン状態」にした仲間で挑むと良いでしょう。 ゾーン状態になると、自身の攻撃力やクリティカル率が高くなるので、最速手順を狙ってクリアしていく修練場では、初手からゾーン状態で戦いたいです。 スイッチ版の最新情報• 攻略チャート 本編ストーリー• クリア後• ボスや寄り道の攻略• データベース• 掲示板• キャラクター 仲間のスキルパネル• お役立ち 人気のお役立ち情報• 裏技・小ネタ・その他• ドラクエ11の考察・予想記事•

次の