マスク自警団。 自粛警察

マスク売り切れ問題、中国人の買い占めが日本にまで及ぶ事情

マスク自警団

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止のために、政府や地方自治体が要請した営業自粛やマスク着用などを他者に強く求める「コロナ自警団」などと呼ばれる人々が出現しているのだが、歴史社会学者の田野大輔氏が、彼らの行動はファシズムに通じる行為であり、それらの行為を見かけたら他人事と傍観するなと主張しだした。 確かにファシズムと共通する点もあるだろうが、よくある現象なので適当にいなしておけば良いように思える。 田野氏の主張は、「コロナ自警団」の指導者の命令を攻撃的手段で他人に強制していく側面が、ナチスのプロパガンダに乗ったユダヤ人迫害に似ていると言う話なのだが、ルワンダ虐殺などの事例研究などを見るに用意周到に準備しておかないと、そうは多くの人が迫害をはじめたる事は無い。 迫害を容認しがちかも怪しい。 田野氏が挙げている図書室に突撃隊がやってきてユダヤ人を追い出そうとした事件でも、突撃隊と騒乱を起こした人がいない一方で、その場にいたユダヤ人が突撃隊に突き出されたわけでもない。 突撃隊に非協力的であった。 自粛要請などが無くても、リスクを感じたら憤慨して文句を言い出す人々はいるが、そういう人ではないであろうか。 そもそも、ナチスに限らず政党が暴力装置を抱え込んでいるワイマール共和国と今の日本は随分違うと言うか、日本の公権力は「コロナ自警団」を認めていない。 「居酒屋に怒鳴り込んで閉店を要求したり、パチンコ屋で入店を待つ客に罵声を浴びせたりする人」に言及されているのだが、威力業務妨害や強要罪(の未遂罪)や名誉毀損罪や侮辱罪などになる。 既に威力業務妨害で捜査されている人と、脅迫で逮捕された豊島区職員がいる。 いちいちすべては逮捕されないと思うが、「コロナ自警団」は違法行為。 第3者が一緒になって対抗する必要は無い。 スマホで「コロナ自警団」の行為を動画撮影しておくなどするのは、嫌がらせを受けている人や警察のためになるかも知れないが。 なお、市役所や警察に通報する行為は、スルーされるか、市役所や警察から要請が来るぐらいだろうし、そもそも第3者は知りようが無い。 第3者も「「コロナ自警団」はいけませんね」と批判する事はできるが、「コロナ自警団」はそういうのに聞き耳は持たない。 こういうわけで「コロナ自警団」にはファシズムと共通点がありうる一方で、明らかな相違点が多くあり、他人にうるさいノイジー・マイノリティでしかないように思える。 欧米のポリティカル・コレクトネスに熱心なリベラルのようになるかもだが、昔のファシズムや最近のアンティファのように大きな問題に発展する可能性は小さい。 「コロナ自警団」への有効な対抗措置が無いのであれば、声を挙げて制度変更を求める必要があると思うのだが、今の日本では色々な法的対抗措置が可能だ。 田野氏はレイシストしばき隊の行為に対して声をあげていないと思うが、しばき隊リンチ事件で自滅した。 こういうわけで、特段、「コロナ自警団」に対抗して声を挙げる必要が無い。 警察が動いてくれないなどの問題が生じれば別であろうが。 112• 211• 146• 123• 105• 157• 365• 397• 297• 333•

次の

なぜ日本人は「自粛しない人」をこれほど攻撃したがるのか 「コロナ自警団」が生まれる背景 (2ページ目)

マスク自警団

まったりディストピア コロナショックによって、日本中のありとあらゆる領域で分断が生じています。 とりわけ政府や自治体による「自粛要請」を盲信して「自粛警察」(自粛していない店や人を警察のように取り締まったり、実際に通報する行為を指すネットスラング)を買って出る人々と、「補償なき自粛」に異議を申し立てて応じない人々、「規制なき自粛」に何の危機感も抱かずに過ごす人々が、お互いを罵り合って収集がつかない「分割統治状態」が出現しています。 被支配者同士の対立をあおり立てて、支配者への批判をかわす統治手法を「分割統治」と言います。 自粛をめぐる3つどもえのバトルは、為政者が頼んでもいないのに勝手連的に沸き起こった地獄絵図です。 都市部を中心に感染者数の増加が収まらず、経済的に困窮する事業者・被雇用者も増えている中で、市民同士による陰湿な相互監視が幅を利かせ、個々の事情などお構いなしに「同調圧力」という暴力が横行しています。 他方、今のところコロナ禍による経済的なダメージをほとんど受けることなく、テレワークの恩恵を享受できている人たちがいることも事実です。 巣ごもり特有の「贅沢な悩み」をウェブ会議でほろ酔いで語り、マスク姿の主婦たちは子連れで買い物に繰り出し、公園などに集まって素知らぬ顔で井戸端会議をしています。 まるで、パンデミックなど自分たちの生活には大して影響はない、と言わんばかりにです。 筆者はこうした、「深刻」と「楽観」が隣り合うようにして、埋め難い社会の分断が噴出する暗黒世界を「まったりディストピア」と呼んでいます。 感染症で人が死に、仕事がなくなるといった極限状態が展開される一方で、依然被災(こう述べても差し支えない状況になっているでしょう)を免れている人々の間では、実はそれほど変わらぬ日常が続いています。 たしかに「ディストピア」感はあるのですが、それは平時にぼんやりと思っていたような破局の光景ではなく、やたらと「まったり」しているのです。

次の

自粛警察

マスク自警団

このページ名「 自粛警察」は暫定的なものです。 代案としては コロナ自警団、自粛自警団、自粛ポリスがあります。 議論はを参照してください。 ( 2020年5月) 自粛警察(じしゅくけいさつ)とは、に基づくに伴うによるに応じないやなどに対して、偏った感や、感などから私的にやを行う一般やその行為・風潮を指す・ である。 による社会的風潮のひとつとして生じた。 コロナ自警団(コロナじけいだん) 、 自粛自警団(じしゅくじけいだん) 、又は 自粛ポリス(じしゅくポリス) とも呼ばれる。 はあくまで自らの意思で行うものであるにもかかわらず、他人をしたり話を広めたりする行為が、下における国民同士の相互監視社会や時当時のにおけるの『 欲しがりません勝つまでは』を連想させる内容などを連想させるとして、などの上で、「まるでののようだ」囁かれ話題になった。 2020年7月時点では、 マスク警察(マスクけいさつ)や 正義中毒(せいぎちゅうどく) 、 正義厨(せいぎちゅう)と呼ばれるものも出現している。 概要 [ ] (2年)、の感染の拡大を受け、ではの国々のように街や地域を封鎖するは、上不可能であるため、やの一部は国民に外出の自粛の要請を行った。 しかし、自分の行動だけではなく、他人の行動にまで過剰な興味を持ち、干渉する一部の人間の行為が問題化した。 によると、民間施設を対象に休業要請が出されたでは、府のに対し「どこそこの店が営業している」といった内容のが、までに500件以上もあった。 では、新型コロナウイルスに関するやトラブルなどの通報が、4月だけで本部に220件以上(3月の40件と比べ5倍以上)に及んだが、休業要請や外出の自粛に応じていないと指摘する通報が多く、緊急性のないものが主で警察の業務に支障をきたす可能性があった。 に店舗などが応じていないとSNSなどで指摘する行為や、外で遊ぶ子供をターゲットにしたや通報をする行為、夜間などの閉店時ににの紙を貼りつける()行為は、上で「自粛警察」や「自粛ポリス」などと呼ばれるようになった。 SNSでの指摘に留まらず、事実無根の情報を拡散させるケースもある。 「自粛警察」の対象は、他県の車や電車内で旅行鞄を持っていたために者と勘違いされたにまで及び、さらには医療関係者の住居にする行為にまで発展するなど 、歪んだ正義感や嫉妬心による「取り締まり」行為への対処は煩雑さを極めている。 、朝のがこれを取り上げ、が「自粛警察がトレンド入りしているけれど良くない」と相次いでしたことで、入りのには検索回数が7,000件以上となり、その後も高水準で推移した。 の取材によるのでは、当該行為を行った者が取材者のインタビューに対し「自粛警察と呼ばれる行為をしたつもりはない」と回答し、「対策を取らない人は自由に行動し、注意して生活する人だけが疲れてしまっている。 事態を良くするには、こうするしかなかった」と回答する者もいた。 政府はなどに対し「休業要請」はしているものの「強制」ではなく、営業するかどうかの判断は経営者に委ねられるべきであるが、日本では制度が整備されていなかった背景があるため、の危機に直面した経営者が多い。 例えばでは、従業員10人以下の事業所には3ヶ月で最大約180万円、従業員5人以下の事業所には最大約107万円の給付が早急に支給された。 また、新型コロナウイルスの蔓延前からドイツには短時間労働給付金制度がある。 それは雇用者が労働者に対してまず労働時間の短縮を求め、労働時間減少による給与減少分の一部を政府が補償するという制度であり、さらにコロナ禍において弾力的に運用された。 日本でコロナ自警団が暗躍する背景に、法整備の不足が指摘されている。 攻撃対象の事例 [ ]• で着用を義務付けられていないを着用していないことを批判する。 のであるが男性との中の様子をにされた際に、桑子がマスクをしていなかったことが非難の対象とされた。 自粛をしなかった、あるいは自粛をしていないと勘違いされた店舗。 の駄菓子屋では、3月下旬から既に休業しているにも関わらず、何者かが「コドモアツメルナ。 オミセシメロ」という貼り紙をした。 では、行政からの自粛要請に従って時短営業をしていた居酒屋やライブバーが「この様な事態でまだ営業するのですか?」「自粛してください。 次発見すれば、警察を呼びます」といった貼り紙をされた。 の食堂が「本日自粛」という貼り紙を掲示したところ、何者かによって「そのまま辞めろ!」「潰れろ」「死ね」などの語句がその貼り紙に書き込まれていた。 者と勘違いされた人。 他府県ナンバーの。 では県外ナンバーの車が傷をつけられる、をされるなどの被害が相次いだ。 各地でのため「県内在住者です」と書かれたが売られ、行政が「県内在住証明書」を発行するような事態まで生じた。 しかし、これが却って差別を助長するのではないかとも指摘されている。 公園で遊ぶ子供。 およびに、自粛期間中にが外出していたという投書が相次いだが、そのほとんどが無記名かつ事実無根なものであり、の買い出しに行ったただけの力士が報告された例もあった。 電車やバスの車内において、マスクしないで咳している人に対して、今咳をしただろう、コロナだろうと言いがかりをつける。 違法性 [ ] 弁護士の本間久雄により、以下の罪に問われる可能性が指摘されている。 1条33号 - 店舗に無断で張り紙をする行為。 () - 暴言を書いた張り紙により、店舗経営者を心身ともに疲弊させたような場合。 (刑法) - 張り紙に生命身体財産等に危害を加える旨の脅迫文言を書いて自粛を迫った場合。 (刑法) - 侮辱的な表現の張り紙が行われた場合。 においても張り紙によるやで客が減少した場合や、店主や店員が精神的苦痛を受けたときは、売上減少のや等について不法行為()に基づき請求を受けることになる可能性が指摘されている。 また、2020年5月3日の記者会見で、官房長官はこうした自粛警察と呼ばれる行為に対し、「法令に違反する場合は関係機関で適切に対処したい」と述べている。 上記以外でも、感染したあるいは感染が疑われた住民が居住する家屋に石を投げるなどの破壊行為、公園で児童を遊ばせないように砂場にカッターの刃をばら撒く等のトラップ的な工作をする行為も発生している。 心理的メカニズム [ ] 独立行政法人経済産業研究所上席研究員の藤和彦によれば、では、「のためにをも厭わず真面目に働く人が、理不尽な行為に接すると、自らの損失を顧みず、あらゆる手段を使って、相手に目にもの見せてくれようと燃え立ってしまう」ことが知られるが、こうした義憤に駆られた行動は、体中で合成されるという脳内物質が関係していることが判明している。 脳内のセロトニン量が少ないほど、利他的行為を行う半面、理不尽な行為に対する許容度が低くなる傾向があり、の脳内のセロトニンの分泌量は世界でも最小の部類に入ると言われる。 藤はこうした点から、自粛警察という現象は日本人の強みが引き起こす負の側面であるといえるかもしれないと述べている。 識者・著名人の反応 [ ]• のは、「為政者が頼んでもいないのに勝手連的に沸き起こった地獄絵図」「市民同士による陰湿なが幅を利かせ、個々の事情などお構いなしに『』という暴力が横行している」と指摘した。 で教授のは、「自粛警察」の心理について、「非常時に周りと同じ行動を取って安心したい人々だ。 と同じで自分と違う行動を取る人に嫉妬心を覚え、不安を解消するために攻撃する」と解説。 「人にはそれぞれ事情があり、非常時の最適な行動も人によって違うことを理解しなければならない」と呼び掛けた。 のは、「自粛警察」のほとんどがであることを「卑怯だと思う」と指摘。 一方的な、高圧的な圧力と批難した。 のは、自身が司会を務める「」で、「自粛警察」の横行について「想定内よね。 こんなん絶対出てくると思ってましたよね」「『自粛警察(の)自粛警察』が出てくる。 マウントの取り合い」と指摘した。 日本国外の例 [ ] 日本での自粛要請と異なり、多くの国ではの下で、政府が人の外出を禁止するため、は外出している人を強制的に取り締まり、制限を破った人に対しを科したり腕立て伏せをさせたりするなどの措置(罰則)を取る。 アメリカ [ ] でも、市民は他人が新型コロナ対策を守っているかどうかにになっている傾向がある。 新型コロナウイルス感染症の感染者が出たことを受け、の庭であるローズ・ガーデンで記者会見がおこなわれた際、アメリカ「」のジョン・カール記者が、マスクを着用して座るホワイトハウス付き記者団の写真を撮影したが、「の御用チャンネル」とも揶揄されるほどトランプに好意的なメディアとされるのジョン・ロバーツ記者だけがマスクを着用していないことをで示した。 これに対し、ロバーツがで「もっとも近い人から2メートルほど離れて静かに座っていた。 記者会見が始まったらマスクを着用した。 恥をかかせようとするこのチンケなやり口はいったいどういうことなんだ?」と反論した。 すると一般ツイッターユーザーがカール記者らしき人物がマスクをせずに街中で買い物をしている姿を撮影した写真をツイートし、「偽善者」というメッセージとともに炎上する事態となり、最終的にはカール記者はロバート記者に謝罪した。 中国 [ ] (中国)ではの頃に感染者が大量に発生したため、地域によってから帰省する人をすることが奨励されたり 、帰省者の家を・板などで塞いだりすることが多発していた。 韓国 [ ] (韓国)では主にに対する攻撃が多発している。 芸能人は家から外出した写真をにアップすると、批判するコメントが殺到する現象が起きている。 例えば、・タレントのは家族旅行の写真をにアップすると、多くの批判コメントが発生した。 夫であるアナウンサーのに対しても番組降板要請の書き込みが殺到したため、朴は釈明文を掲載し謝罪した。 また、歌手のやも、家族との外出散策の写真をSNSに載せたと、「外出は控えろ!」という批判が殺到してしまった。 その他 [ ]• 5月には、のが「自粛警察の皆様、お疲れ様です! プラン」を発売し、宿泊プランを紹介したネット投稿が13万以上の「いいね」と6万以上のを獲得した。 「自粛警察」はインターネットスラングから生じた言葉と考えられるが、などで「自粛警察」という表現が一般化すると「自分たちの行いがだと勘違いさせるのでは」との意見もある。 出典 [ ] []• 独立行政法人経済産業研究所 2020年5月14日. 2020年5月24日閲覧。 2020年5月9日. 2020年5月9日閲覧。 2020年5月9日. 2020年5月9日閲覧。 「」『』、2020年4月16日。 2020年5月28日閲覧。 「」『』、2020年5月2日。 2020年5月28日閲覧。 「」『』、2020年5月14日。 2020年5月28日閲覧。 「」『』、2020年5月14日。 2020年5月28日閲覧。 「」『』、2020年5月15日。 2020年5月28日閲覧。 2020年5月6日. 2020年5月28日閲覧。 「」『』、2020年5月13日。 2020年5月28日閲覧。 「」『』、2020年5月14日。 2020年5月28日閲覧。 「」『』、2020年5月15日。 2020年5月28日閲覧。 「」『』、2020年5月18日。 2020年5月28日閲覧。 「」『』、2020年5月23日。 2020年5月28日閲覧。 NHK首都圏ニュース 2020年5月9日. 2020年5月9日閲覧。 PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) 2020年5月14日. 2020年5月15日閲覧。 2020年7月13日閲覧。 NHK 2020年5月15日. 2020年5月15日閲覧。 NHKニュース 2020年5月9日. 2020年5月10日閲覧。 夕刊フジ 2020年5月9日. 2020年5月10日閲覧。 2020年5月9日閲覧。 企画連載「時代の正体」• 2020年5月14日. 2020年5月15日閲覧。 SankeiBiz. 2020年5月5日. 2020年5月15日閲覧。 DIGITAL 株式会社日刊現代. 2020年5月7日. 2020年6月2日閲覧。 弁護士ドットコム 2020年5月14日. 2020年5月14日閲覧。 時事ドットコムニュース 2020年5月13日. 2020年5月14日閲覧。 講談社現代ビジネス(真鍋 厚) 2020年5月4日. 2020年5月10日閲覧。 時事通信 2020年5月9日. 2020年5月10日閲覧。 デイリースポーツ 2020年5月10日. 2020年5月12日閲覧。 日刊スポーツ 2020年5月10日. 2020年5月10日閲覧。 飯山, 辰之介 2020年4月9日. 日経ビジネス. 2020年5月11日閲覧。 大西, 孝弘 2020年3月27日. 日経ビジネス. 2020年5月11日閲覧。 Yahoo!ニュース 2020年5月16日. 2020年6月14日閲覧。 天台县人民政府• 张梦娇 2020年2月10日. news. jcrb. com. 2020年5月11日閲覧。 Newsweek日本版 2020年5月9日. 2020年5月11日閲覧。 2020年5月24日閲覧。 イザ! 2020年5月8日. 2020年5月12日閲覧。 関連項目 [ ].

次の